So-net無料ブログ作成

芸能人ゴシップニュースブログ2014

最近の芸能人のゴシップニュースや恋愛、スキャンダルのまとめブログです。私の感想などを綴っていきます。

羽生結弦、激突からの苦しみ、強さ [スポーツ]

芸能人ゴシップニュースブログのmihoです

【羽生結弦、激突からの苦しみ、強さ】NHK杯では、4位と惜しくも表彰台は逃しましたね、でもその後の会見での羽生の強さには、潔さを感じましたね~、恰好よかったです。

undefined羽生結弦11月28日

11月28日、フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦、NHK杯が大阪なみはやドームで開催されました、この大会開催する前から大変注目を集めていましたね~、それはなんと言っても羽生結弦選手が出場するかどうか…だったのではないかと思います。
11月8日中国杯でのフリー演技前の6分間練習での中国のハンヤン選手と衝突事故、事故直後、羽生選手は、起き上がる事も出来ずにリンクに横たわっていましたね…、皆が羽生の出場を断念視する中、頭に包帯を巻き顎には絆創膏を貼り痛々しい姿で演技し、何度も転倒したものの、表現力などが勝り2位という輝かしい成績を収めましたが、翌日、中国杯から帰国した羽生選手は車イスに座り、とても元気な様子には見えませんでした

undefinedundefined
羽生選手11月8日&帰国時

日本に帰国してから精密検査を受け、頭部や左大腿など計5か所を負傷し、全治2~3週間と診断されました、中国杯での負傷を追っての出場で「無謀ではないか」「今後の事を考えて、出るのは得策じゃなかった」などの論争も起こり、それが更に注目を集める結果となったのは言うまでもありません、羽生選手は若いせいか回復力も早く、ドクター始め監督からのOKが出て今大会出場を果たし、ファン以外からの注目度も半端なく高くなりましたね

[スポンサーリンク]




そのプレッシャーのせいか、ケガのせいかは知る術もないですが、ショートプログラムで登場した羽生選手は、ジャンプで何度もミスをしてしまい28日では、5位という結果で終わってしまいました、ちなみに1位は無良崇人(むらたかひと)1991年2月11日生、3位村上大介(むらかみだいすけ)1991年1月15日生でした。
翌日29日の、フリープログラムでは、羽生選手は4回転がダブルになったり、転倒してしまったりミスしてしまいました、やはりケガで練習出来なかったせいなのか…疲れが出ていたと思います、演技後は、とっても悔しそうに自分の足を叩いて『終わった・・・』と呟いていた程、後にこの事を聞かれた羽生選手は『悔しさからくる終わったです』と心境を話していました。

undefined演技終了後

試合終了後、羽生選手は、インタビューに対して自分に厳しくモノを発した『皆さんが思っているのは、練習出来なかったということでしょうが、そうじゃない、これが僕の実力です』と、羽生選手は今大会が始まる前にインタビューに対して、今回はケガのコトも有って、練習が不十分だったと話していた、でもこれが敗因の原因になってしまったと語る、要は自分に対しての逃げ道を作ってしまった、と言うコト。11月8日の負傷事故での滑走時より点数が低かった事に関しても自分でそれを指摘した、痛かったけどあの時は滑れていたのに、今回は出来なかったと、それはもう自分の弱さでしかない、壁を越えなくてはいけない。と強い決意を語っていました。

[スポンサーリンク]




NHK杯が一夜明けた翌日、羽生選手は『昨日は悔しくて結構眠れなかった、夢の中でうなされていた、次の試合に向けて、どうなれば強くなれるか、自分をコントロールして本番で実力を出せるか、夢の中でトレーニングしていた』と、悔しさをバネに、でも次に進もうとする羽生選手のメンタルの強さを見れた気がします。
村上選手と無良選手の表彰に関しては、日本人として誇らしかった、だが自分はそんなに出来た人間ではないので、悔しかった。と正直に心の中を話したあと、12月のファイナルでは、最下位からのスタートになるので、チャレンジャーとして挑みたい上を狙います。と明確な目標が出来て、なんだか嬉しそうにも見えたのでした。

【羽生結弦、激突からの苦しみ、強さ】NHK杯では残念な結果でしたが、これが返って、羽生選手の闘争心を目覚めさせたのではないでしょうか?なんだかファイナルでは、とてつもない結果を残してくれそうで、楽しみです[黒ハート]頑張って下さい。

人気ブログランキングへ

共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。