So-net無料ブログ作成

芸能人ゴシップニュースブログ2014

最近の芸能人のゴシップニュースや恋愛、スキャンダルのまとめブログです。私の感想などを綴っていきます。

菅原文太さん死去、高倉健さんに続く。 [芸能]

芸能人ゴシップニュースブログのmihoです

【菅原文太さん死去、高倉健さんに続く】本当にビックリしました~、高倉健さんに続き、昭和の大物がまた。。。ですね、ご冥福お祈り致します。

undefined菅原文太

菅原文太さんが11月28日午前3時、東京都内の病院にて、転移性肝ガンよる肝不全の為お亡くなりになりました、81歳でした、本日12月1日に、東映を通じて、妻の菅原文子(すがわらふみこ)さんがコメントを発表しました。
『7年前に膀胱ガンを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち【朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり】の心境で日々を過ごしてきたと察しております。【落花は枝に還らず】と申しますが、小さな種を蒔いて去りました、1つは、先進諸国に比べて格段に生産料の少ない無農薬有機農業を広めること、もう1粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした、既に祖霊の1人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。恩義有る方々に、何の別れも告げずに旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます。』
とのことでした。

[スポンサーリンク]




1960年代に東映で任侠映画に出演するようになりました、70年代に入ると『仁義なき戦いシリーズ』に出演し、この作品は一大ブームになったそうです、映画館などから出て来ると極道風になっている方が多数いたとか(笑)ブームが去った後は『トラック野郎シリーズ』などのコメディ的なものに出演しています、尚、同じ時代を生きていた高倉健氏は真逆の硬派な役柄を演じていました、ただ1つ2人が交わる形となったのが、高倉健氏が主演し代表作となった『幸福の黄色いハンカチ』こちらのテレビドラマ版を菅原文太氏が演じています。

TVCM.jpgTVCMより

菅原氏は、晩年俳優業を引退していましたが、CMやラジオなどには出演していましたね~、私達の記憶に残っているのは、はるな愛ちゃんと共演した軽トラ野郎じゃないでしょうか、コメディタッチで菅原氏のお茶目な一面も見れて、とても印象に残っています。

菅原文太氏とは---
本名も菅原文太(すがわらぶんた)1933年8月16日生(81歳)、宮城県仙台市、178cm、俳優・声優・ラジオパーソナリティ・農家、1956年~活動、長男は菅原加織、他に娘2人います。

undefined菅原加織

実は長男の加織(かおる)さん、1970年2月25日生は、2001年10月24日に31歳という若さでこの世を去られています、死因は、前日の10月23日、小田急線の踏切内に携帯電話で話しながら下りたままの遮断機をまたいで踏切内に侵入し電車に跳ねらた、というコトです、目撃証言などによると、酔っぱらっていたようだとの話でした、菅原氏は、長男を溺愛していたとの事で、亡くなった直後は『仕事をしたくない』と漏らし、仕事復帰迄に1年掛かっていました、今頃天国の加織氏と、積もる話でもしているんでしょうか。

[スポンサーリンク]




菅原氏と共演した、俳優の松方弘樹氏は読売テレビのミヤネヤに電話で出演して『言葉がない』と、相次ぐ偉大な先輩俳優の死を悲しんでいました。

【菅原文太さん死去、高倉健さんに続く】昭和の2大スター、高倉健氏と菅原文太氏、どちらの方もお声が特に好きで、あのお声が生では聞けないと思うと残念でなりません、ご冥福をお祈りします。


人気ブログランキングへ

最後迄お付き合いくださり有難うございました。

共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。